iCloudがクラックされ海外のセレブたちのプライベートな写真が流出して世間を騒がせていますよね。怖いですね(汗)

Appleは調査の結果、システムに問題はなかったとしていますが、海外のある掲示板でメールアドレスさえ分かればiCloudをクラックできるツールを公開していたということもあり、このままiCloudに大量の画像を保管するのはあまりおすすめできません。

そこで今日は実際に僕も使っている、便利で使い勝手の良い、そしてもちろん無料で使えるクラウドをいくつか紹介します。まずは使ってみてくださいな。

Amazon Cloud Drive Photos

Amazon Cloud Drive Photos – AMZN Mobile LLC
まずはじめに紹介するのはアマゾンのクラウドサービスのスマホ・アプリ版「Amazon Cloud Drive Photos」です。アプリもクラウドもとても安定していて反応も早くお勧めです。

amazona_logo最大5GBまで無料で利用できるので大きい高画質の画像がおよそ2000枚保存できます。自動保存のオンオフやキャッシュのサイズも選択出来るなどとても高機能です。

さらに最新のアップデートによって撮影した日時とアップロード日時を選択して検索出来るようになり「過去に撮った写真を記憶を頼りにざっくり探す」ような検索には便利になりました。

パソコンからもアクセスできるのでファイルの管理がしやすく、PCとスマホ間でのファイルのやり取りにも簡単でストレスはありません。


PCはこちらから Amazon Cloud Drive

 

Dropbox

Dropbox-Dropbox
Dropboxは僕がメインで利用している便利な無料のクラウドサービスです。フォルダを友人と共有したり、保存した画像ファイルをリンクで簡単に公開出来たりと、PCをよく使う方にはとても便利な機能があります。
dropbox_logoiPhoneアプリでは登録時に2GBの容量が無料でもらえますが、Dropboxを人に紹介するなど設定された様々なイベントをこなすことで段階的に容量が増えていきます。
ちなみに僕のアカウントは現在6GB程度の容量があります。PCでカメラアップロードの利用を開始すると3GBのボーナス容量がもらえるのが大きいですね。

クラウドへのアップロードのオンオフから携帯ネットワーク使用、不使用、バックグラウンドでのアップロードなど細かく設定できるので、パソコンを使わない人でもiPhoneだけで充分便利に使えます。サクサク反応する快適なクラウドですよ。


PCはこちらから https://db.tt/zpsmkIrT

(まずこちらからDropboxをPCにインストールし、次にiPhoneにアプリをインストールすると僕が容量ボーナスを獲得する仕組みです^_^; )

その他の便利なクラウド

上の2つ以外にもPCとiPHoneで実際に使っているクラウドを紹介します。
たくさんありますがそれぞれ機能別に使い分けています。

■ OneDrive マイクロソフトが提供するクラウド
写真、動画、文書などを簡単に保存して共有できます
OneDrive (旧 SkyDrive) – Microsoft Corporation
■ Evernote 今やクラウドの代名詞。PCから右クリックでページをスナップできます。
僕にとって無くてはならないクラウドです。
Evernote – Evernote
■ Googleドライブ ファイルやフォルダを閲覧、編集、
スプレッドシートの編集もこなすなど、もはや何でも出来る感が半端ないです。
Google ドライブ – Google の無料オンライン ストレージ – Google, Inc.

今回のテーマ通り、写真の保存を目的とするならやはりお勧めは、AmazonとDropboxですが、他のクラウドもそれぞれ便利なものばかりです。ぜひ実際に使ってみて感想を教えてください。