てっきり電波が悪いと思っていたら、iPhoneのマイクが故障していた。

しかも指で弾くと戻るという、なんとも昭和チックな「接触不良」っぽい。

普段使っているスマホが無くなるのは困るが、このままにもしておけず、Apple ケア・サポートに電話し修理に出すことにした。

ちなみに、修理に出すときには、ケースを外し、保護フィルムを剥がし、SIMを抜いて渡すそうだ。

要は、製品意外は戻ってこないということらしい。

 

翌日の午前中に取りに来たヤマト運輸の担当者にiPhoneを渡した。

3日から5日は掛かると言ってたので、販売店から代替機のアンドロイドスマホを借りてきて、普段使ているアプリを入れたり、wifiを設定したり、Bluetoothをペアリングしたり、集中していた。

 

するとヤマトがiPhoneを預かってくれた翌日の午前中にAppleから一通のメールが届いた。

今から修理をはじめます。 アップルリペアセンターにあなたのiPhoneが届きました。 修理が終わったら、またメールしますね。
今から修理をはじめます。
アップルリペアセンターにあなたのiPhoneが届きました。
修理が終わったら、またメールしますね。

 

なんとも細やかな対応じゃないか?どこでどうなっているのかが分かっただけでかなり安心する。大手はなるべく余計な日数を稼ぐことが多いので、仕事の早さにちょっとさすがだなあと思ってしまった。本当は普通なんだけどね。

 

感心していると、その日の夕方にAppleから、またメールが届いた。

 

発送しました! 修理が完了したので製品を発送しました。 配送ナンバーから配送日と時間を指定できます。
発送しました!
修理が完了したので製品を発送しました。
配送ナンバーから配送日と時間を指定できます。

もう、修理が済んだのか!しかも発送まで済んでいるのか!なかなか素晴らしい対応ではないか?

確かにAppleケア・サポートの担当者も急いでも3日掛かると言っていた。考えてみれば、3日とは届いたその日に発送してこそ可能なスケジュールだ。

 

う~ん、素晴らしい。まずい、このままではAppleのファンになってしまうではないか。。。などと考えているうちに、ある重大な事に気がついた。

 

メールが全編英語やないかーい!

 

日本のユーザーに英語でメールを配信しても、伝わらないのはわかっているだろう。

Appleはなんでそこ、そのままにしとくんだ?

このメール受け取った全員が「いや、オレわかるし・・・」とかカッコつけてるんだろうか?

 

果たしてこれを細やかな配慮が行き届いていると言うのか、

まったく自分よがりの日本のマーケットをバカにしたサービスなのか。

どちらになるんだろう?

 

追記

後日、戻ってきたiPhone(新品だった)の設定に関してAppleケア・サポートに電話した時、ついでに上で述べた英語のメールの件に関して質問した。

すると「申し訳ありませんでした」と謝罪され、担当者の間違いではないかと言うことだった。

通常は日本語のメールが配信されているということを聞いて納得しました。