telephone
photo credit : Michiel Jelijs

例え100均で買った商品に難があったとしても、多くの方は「ま、100円だし」と、気にも留めないのではないでしょうか?しかし今回、僕はついにカスタマーセンターに電話をしてみたのです。

 

安くて高品質なリサイクルインクカートリッジ

プリンターのインクって高いと思いませんか?

僕が使っているエプソンプリンターの純正インクは発売当初、確か家電量販店で1本1300円程でしたので、6本1セット揃えれば7800円となりそこそこの値段でした。

だからページ数が多くなると必要な資料の印刷でさえも「本当に必要なのか?」なんて考えてしまうことがありました。

そこで必要な資料は気兼ねなく印刷出来るように、安くて、しかも純正と変わらない品質の互換インクを探して使っています。

ダイソーのリサイクルインクカートリッジ

僕が使っているのは、ダイソーの「リサイクルインクカートリッジエプソン用 ICBK50互換」です。

ダイソーのエプソン用リサイクルインク
リサイクルインクカートリッジエプソン用 ICBK50互換

このインクは、エプソンの純正カートリッジを回収し、独自のインクを入れてリサイクルしているのでカートリッジの精度が高く、ICチップもしっかり作動しインクの残量も確認できます。

唯一の不満は1個200円という超安値のため、入荷してもすぐに売れ切れてしまうことです。

はじめてのトラブル発生

気に入ってとても便利に使わせて頂いているのですが、インクを交換したところ、はじめてICチップを読み込めないトラブルが発生しました。

今まで何十本と使ってきてはじめての不良品です。値段が安いこともあって、はじめは新しいものに交換してこのカートリッジは捨てようと思いましたが、付属の説明書を見てみると「カートリジ専用フリーダイヤル」が記載されているのを発見しました。

そうなると俄然興味が湧いてきます。

1本200円の商品にどんな対応をするのか興味があったので、電話をかけてみました。

 

予想しなかった神対応に驚く

「お客様サービスです」と電話に出た方に要件と商品名を伝えると担当者に電話を回されました。

そして担当者からICチップの汚れを拭き取ること、プリンターの電源を一度落としてみることなどをアドバイスされました。

「ではこちらで一度試してみます」というと、時間短縮のためにこのまま発送の手続きはしてくれるというのです。その上でもし使えるようになったのなら連絡くださいということでした。

この時点でお客本意の行き届いた対応に感心しました。

僕の場合は残念ながら、カートリッジのICを読み込まない状況はそのままだったので、その旨を伝え交換分品を送ってもらうことにしました。不良品は同封の返信用封筒で送り返してくれとのことでした。

すると翌日の午前中には宅配便で交換品のカートリッジと返信用の封筒が届きました。なんて早いんだろう!
letter

封筒の中身は、お詫びと挨拶の手紙と交換用の商品。それと不良品を入れるビニール袋と返信用の封筒です。これなら送り返すのも簡単で助かります。

電話をかける前はインクカートリッジを製造している会社が、クレームなどに対応しているものと思い込んでいたのですが、どうやらカスタマーセンター自体を代行業者が請け負っているようです。

それにしてもこんな安い商品にこれだけの対応が出来るとなるともう敵はいないのでは?と思えてきます。

 

[amazonjs asin=”B005382C6Y” locale=”JP” title=”EPSON汎用インク ICBK50対応汎用インク ブラック6本”]

[amazonjs asin=”B00KWRNL5M” locale=”JP” title=”【SkyERIS】 IC6CL50+BK2個(BK*3/C/M/Y/LC/LM) EPSON(エプソン) 純正互換インクカートリッジ 6色マルチパック(+BK2個) 最新型ICチップ付 残量表示機能付 高光沢写真用紙 L版×10枚セット SkyERISオリジナル”]