ここ数年使っていたSONYのBluetooth レシーバーDRC-BT15Pの電池がダメになったので、新しく買い替えることにしました。

今まで使っていたDRC-BT15Pはとても電波の届きがよくて動作も安定していました。長い間頑張ってくれてありがとう^^

DRC-BT15P

 

とは言え購入したのは2010年頃なので、Ver.2.0の古いもので音質も良くありませんし、なによりiPhoneでの通話に対応していませんでした(泣)

当時Blutoothに関しての知識が少なくて、「どうせ電波経由だから音声は劣化するんだ」程度に考えていたので、関連商品について詳しく調べていなかったのです。

 

だから今回は、事前にどんな商品が売れてるのか?評価が高いのか?などかなり調べてから購入しました。

そしてやっと購入したのがこれ、エレコムのLBT-PAR500AVBKです。

Bluetooth レシーバーDRC-BT15P

いろんな評価を参考にしましたが気になったのは「このLBT-PAR500を通すと間違いなく音がよくなる」というiPhoneをBOSEやゼンハイザーのスピーカーに繋いで使っているユーザーの感想でした。

真偽の程は分かりませんが、少ない情報の中で”高価なスピーカーを選ぶ人が評価している”というのは参考になります。

その他僕の好みですが100mW+100mWの高出力アンプを搭載している点が気に入りました。音楽を聴くとき出力が高いアンプを使うとより輪郭がはっきりする傾向があるからです。

そして購入して実際にiPhoneのMusicアプリで音楽を再生してみた結果。。。

今まで聞こえていなかった音も聞こえてきました!

予想していたよりもはるかに良い音でした!

実際に試聴したのはEric Claptonの”Change the World”
Change the World(サントリーコーヒー「プレミアムボス ブラック」CMソング) – エリック・クラプトン

この曲はベースの特に低い周波数を強調していて、ベーシストの私でも聞き取りにくかったのですが、LBT-PAR500を通すとはっきり輪郭のある音を聞き取ることができました。

iPhoneで音楽を聴く方、良い音で音楽を聴きたい、という方にはお勧めです。

ちなみに僕が使っているヘッドフォンは昔使っていたウォークマンに付属していたオマケ品です。

 

[amazonjs asin=”B00JUGSUQG” locale=”JP” title=”ELECOM エレコム iPhone6s/6s Plus対応 Bluetooth レシーバ デュアルアンプ搭載 class1 NFC機能搭載 ブラック LBT-PAR500AVBK”]